大北グループ育成社員

大北グループの育成社員としての生活を紹介します。

一年の振り返り

初めて土木の道に来たので、三脚や機械の用途、計算、土木に関する知識はゼロからのスタートでした。

 学校では初めに測量のやり方や計算の仕方を教わりました。測量機械を水平に設置したり、遠くの数字をよむことは困難でした。計算などの理屈はわかっていても、測定した数値が間違っていることが多かったので入学当初はダメダメでしたが後期は間違えることも少なくなり精度も上がっていきました。

製図は細かい作業ばかりで嫌いでしたが完成が見えてくると楽しくなりました。そのおかげで少しは図面のみかたなども分かった気がします。

水理学、力学、設計、土質学の座学は聞いたことのない単語など言われ困惑していました。学んでいくにつれ分かるようになり、土木の基礎を学べた気がします。座学をしていくうちに構造などが分かり、橋や大きな道路を造りたいと思いました。

 学校の行事の球技大会や学校祭、予選会は他クラスの人とも話せて交流できとても楽しかったです。ボーリングが下手すぎてショックでした。

 専門学校で取る資格の2級施工管理の集中講座が約1週間ありました。過去問を10年分やるのですが、なかなか合格ラインに届かず焦っていました。下宿に帰りこつこつ勉強するとほぼ全部解けるくらいまでなり、無事2級施工管理は合格出来ました。しかし、もう一つ個人で受けた技術士の試験は落ちてしまったので、近いうちにもう一度挑戦しようと思いす。計理士は勉強する時間がなく受けていないので来年くらいに受けてみようと思っています。

 下宿の周りは何もなく少し不便も多々ありました。休みの日などは、友達と小樽など行ったり、街に行き遊んだり、いろいろな温泉にも入りにいきとても有意義な時間でした。

 そして先週卒業することが出来ました。テストは赤点を取ることなく終えられたので良かったです。また、技術士を取るという目標も出来、4月からの現場では新たな知識を学び今後に役立てていけるように頑張っていきたいと思います。この一年でたくさんのことを学べて充実した一年となりました。

1年間を振り返って

昨年の4月に専門学校に入学させていただきました。
土木に関して何もわからずゼロからのスタートでとても不安でした。
授業を行う教科数も高校の時より多く、ひとつひとつの教科を理解するのはとても大変でした。
測量も機械の据え付けに時間がかかったりなど苦戦することが多かったです。
テストでは赤点をとることはなかったので良かったです。
夏や冬には現場実習をさせていただき、現場の雰囲気を体験することができたり、工具の名前を覚えたり学校では学べないことを学ぶことが出来ました。
学校は大変なことだけでなく、体育大会や学校祭などもあり気分をリフレッシュすることができとても充実した生活を送ることが出来ました。
学校へ行った1番の目的としての2級土木施工管理技士の学科試験に合格できたので良かったです。

これからは現場に出て働くのでまだまだ分からないことは沢山ありますが、
この1年間で学んだことをいかせるように頑張りたいと思います。

卒業式、そして一年間を振り返って

先週、札幌工科専門学校の卒業式に行ってきました。

一年という短い間でしたが、これでこの先先生方やクラスの仲間たちとも会えなくなるのかと思い、名残惜しさも感じつつ、無事卒業してきました。
学校での勉強は、教科数も多く、テストで失敗してしまったことも少々ありましたが、仲間たちの協力のおかげでなんとか乗り越えることができました。ありがとうございました。

一年間の学校生活で学習面でもそれ以外でも多くのことの学びました。
学校に行かせていただき、ありがとうございました。

写真は、卒業式後のパーティーの様子です。

IMG_4062

この一年で、上記のように本当に多くのことを学ばせていただきました。
高校も普通科卒業で、何もかもわからなかったのですが、専門学校での授業や、夏休みや冬休みの実習を経て、土木に関しての知識を蓄えることができました。
とはいえ、まだまだ分からないことだらけですので、新入社員として入って仕事をしながらも勉強を続けていきたいと思います。そして、会社や地域に貢献していきたいです。

一年間、勉強させていただきありがとうございました。
これからよろしくお願いします。




卒業式と今後

今週の16日に専門学校の卒業式があります。一年と言う短い期間ですが、先生方にはたくさんの土木の知識を教わりました。感謝の気持ちを忘れず式に挑みたいと思います。

 そして、一ヶ月ぶりに会える土木の仲間とも遊び、この専門学校の期間を良いくくりで終えこの思い出もバネにして今後の仕事を頑張っていきます。

 事業所に来て、4週間が経ちます。CADや資料の整理、写真管理などの使い方はだんだんと分かるようになり、今度は正確に早くこなせていけるようにしていきます。測量は、まだ正確性に欠けるので、この期間中にたくさんさせてもらい正確性を上げ、遠い距離でもよめるようにします。

実習

219日から中富良野事業所で冨樫さんにCADや写真の撮影、整理の仕方、安全日誌などの書類の書き方、測量などを教わっています。

CADは専門学校と違うタイプのものなのでわからないこともありますがこれから徐々に覚えていきたいと思います。

事業所周りをレベルで測量していますが誤差が大きかったり小さかったりしてまだまだ安定した測量ができていないのでこれからもっと早く正確にできるように心がけたいとおもいます。

写真の撮影の仕方など学校では習わないことを教えて頂いているので、これから現場に出た時にしっかりと作業を行うために自分の知識となるよう頑張りたいと思います。


7日に忍穂さんから僕たち育成社員の3人に「生き方」という本を貸していただきました。
まだ3分の1程度しか読めていませんがこの著者の稲盛和夫さんの人生の生き方や仕事の取り組み方などが書いてあり、4月から現場に出る僕たちにとって大切なことが書かれてあるので、これからの仕事を取り組み方、自分の将来の目標などを考えることができればいいなと思います。

現場実習

昨日現場実習に行ってきました。

場所は、下金山と南富良野です。
前回の冬休みの実習の時に、一度工事の状況を見ていたので、
そのときより工事が進んだのを、実感しました。
今回見てきた工事は、環境も工事自体も厳しく、難しいと思いますが、それに伴って、図面上のものが、完成に近づくにつれ実際に形になっていくという達成感も感じられるのかなと思いました。


写真は上2枚が、下金山の写真です。
一枚目は発電施設で、中には、大きなポンプがありました。
二枚目は、発電施設に水が流す接続の部分です。桝になっていて、この写真の桝の左側に開水路がつながっています。

下の2枚は、南富良野の空知川に架かる福寿橋の写真です。
冬休みに行った時点では、一枚目で言うと、3分の2しか橋が架かっておらず、写真の橋奥側の部分は白いシートが被せられていました。
二枚目は、橋の新しくできた部分です。

IMGP1045

IMGP1043

IMGP1053

IMGP1056

実習

専門学校のカリキュラムが終わり、3月16日に控える卒業式まで、中富良野事業所で冨樫さんにCADや測量、計算、写真の撮り方や整理の仕方、資料等の書き方を教わっています。
4月から現場に配属されても、困らないようにこの一ヶ月間を大切にし、富樫さんからいろいろな知識を吸収して、即戦力になるために、育成社員共々頑張っています。IMGP1536

ギャラリー
  • 卒業式、そして一年間を振り返って
  • 現場実習
  • 現場実習
  • 現場実習
  • 現場実習
  • 実習
  • 予餞会
  • 予餞会
  • 予餞会
アクセスカウンター