大北グループ育成社員

大北グループの育成社員としての生活を紹介します。

2021年03月

学校生活を終えて

お疲れ様です田賀です。

3月11日の卒業式をもって学校を卒業することになりました。
学校には知識が全くないところから始まり、最初は授業も何をやっているのかわかりませんでした。
今思い返してみるとそのころに比べて未熟ではありますが知識はだいぶついたと思います。
学校には僕たちと同じような会社から派遣されてきている学生もいて、中には現場経験を積んでから学校に来ている人もいました。そのような人たちにわからないところを教えていただきスムーズに勉強を進めることができました。

学校でのイベントはコロナウイルスの感染防止をするためにほとんどがなくなってしまいました。
しかし、放課後や休日にクラスメイトと登別の温泉に行ったり、洞爺湖に遊びに行ったりしたときはとても楽しかったです!時には公園で体を動かしたりサッカーをするなどして運動も適度にやっていました。卒業後も一緒にキャンプに行く約束をするなどいい友人がたくさんできました!それと同時に充実した学校生活を送れたと思います。

10月には学校に行った一番の目標であった資格の一次試験がありましたが、学校側が2週間の集中授業を行ってもらえたので問題なく試験を突破することができました。ですが二次試験も数年後に受からなければ資格を得ることができないので気を抜かずに頑張っていこうと思います。

会社で行われた実習では学校で学んだことを確認できるいい機会でした。学校に戻った時にしっかり実習を行った学生とそうでない学生では授業での理解度にも差が出ていたのでいい体験になりました。

来年度からは自分も一社員になるので未熟なりに頑張っていきます!

卒業

こんにちは。育成社員の阿部です。
お久しぶりの投稿となってしまい申し訳ありません。

さて、去年の4月から始まった専門学校生活もついに終わりを迎えました。
新型コロナウィルスの影響で臨時休校・オンライン授業など色々なことがありました。

初めはクラスメイトと仲良くなれるか心配でしたが、いつの間にか仲良くなり一緒に近所の温泉に行ったり、下宿内の友達とは一つの部屋に集まりゲームをして楽しんだりと新型コロナウィルスが流行しているという状況下ではありましたが、それなりに充実していたと思います。
これからは別々の会社で働くことになりますが、今後会ったときに少しでも成長した姿を見せられるように頑張ります。

3月11日には卒業式があります。
近場の会社の人であれば何かしら会う機会があるかもしれませんが遠方の会社の人とはなかなか会うことができなくなるので最後のお別れをしっかりしたいと思います。

私は今福原改良工事という現場で実習を行っています。
この現場ではICTを用いた施工をしていました。
基本的に丁張をかける必要はなく重機に施工データを入れ、そのデータに従い重機オペレーターさんが作業していました。
毎朝基準点にGPSの固定局を据え付けていましたが、器械の据え付けは学校で習ったこととはいえ実際の現場ではなかなかうまくいかず時間をかけてしまいました。
器械の据え付けは基本だと思うのでしっかり慣れていきたいです。

4月からは正社員として働かせていただきます。
今よりもっと責任感を持ち、やるべきことをしっかり行い過ごしていきたいです。

閲覧ありがとうございました。

ギャラリー
  • 最近の出来事
  • はじめての...
  • はじめての...
  • 一年間を振り返って
  • 一年間を振り返って
  • 必要なもの(育成社員に向けて)
  • 予餞会
  • 新年
  • ガトーキングダム
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: